RO水と天然水(ナチュラルミネラルウォーター)の違い

RO水と天然水(ナチュラルミネラルウォーター)の違い

 

現在では、ウォーターサーバーを取り扱っている会社は多くありますが、提供しているお水については、大体二種類に分かれています。

 

それがRO水と呼ばれる、逆浸透膜(RO膜)フィルターを用いてH2O以外の不純物を取り除いて精製されたお水と地下水や鉱水など自然から汲み上げたナチュラルミネラルウォーター(天然水)です。

 

RO水のメリット、デメリット

 

逆浸透膜(RO膜)を使ったRO水は、放射性セシウム放射性ヨウ素など福島原発事故が原因で現在話題になっている人体に危険な物質について、唯一逆浸透膜(RO膜)フィルターだと取り除ける(※100%ではない)ので、万が一汲み上げた水にそういう物質が混入していた場合でも、フィルターで取り除けるというメリットがあります。

 

 

逆にデメリットは、そういった細かい物質も取り除ける反面、H2O以外のお水に必要なミネラル分などもすべて取り除いてしまうので、味に本来のおいしさがなくなってしまうことがあげられます。

 

もちろんそのままだとお水が飲みにくいので、RO水を扱う会社は、フィルターで不純物を取り除いた後に、お水に味付けをするように後からミネラル分などを必要な栄養分等を後からバランス良く添加して、飲みやすいお水になるよう仕上げています。そういった水のことをデザインウォーターとも呼んでいます。

 

 

天然水(ナチュラルミネラルウォーター)のメリット、デメリット

 

 

天然水(ナチュラルミネラルウォーター)の良さは、採水地から汲み上げてからボトリングするまで、必要最低限の処理しかしないので、お水本来のミネラル分や栄養が残っていて、体への吸収が良いことがあげられます。

 

ちなみに私は、浄水器に逆浸透膜(RO膜)タイプのものを使っていて料理やご飯などはそちらを使っていますが、普通に飲む水は、クリティアのパナジウム天然水を利用しています。

 

っというのも逆浸透膜(RO膜)タイプの浄水器で作るお水を飲料水として、たくさん飲むにはあまり適していないというか、これは私の個人の感想ですが、天然水と比べると、体への吸収があまりよくない印象があります。

 

同じだけの量を飲んだのに、RO水の方が、お腹に溜まっている時間が長いような気がします。もちろん水道水から比べたら不純物がきれいに取り除かれて口あたりがやわらかくて安全なお水であることは確かですが、お水本来のミネラル分も失われていて、体に吸収されにくにくいのかなと感じています。っということで飲料水にはパナジウム天然水などナチュラルミネラルウォーターを選んでいます。

 

 

天然水(ナチュラルミネラルウォーター)のデメリット

 

最後に天然水のデメリットですが、採水地が万が一放射性物質などで汚染されていた場合に、逆浸透膜(RO膜)のフィルターは用いていないので、お水に混入してしまう恐れがあります。

 

もちろんクリティアでは毎日放射性物質の水質検査をしていますし、地下数百メートルから汲み上げていますので、混入の心配はほぼありませんが、そういった心配が少なからずあるというのが天然水のデメリットになるかなと思います。

 

ただ、こちらを心配するとなると、天然水以上に逆浸透膜(RO膜)のフィルターを使っていない水道水の方が大気汚染からの混入の危険が高いということになります。どちらにせよ、クリティアのように定期的に水質検査をしているウォーターサーバーのお水を使うのが良いですね。

 



 

>>クリティアの申し込みや詳細はコチラ